業務委託契約であれば源泉徴収はなされない

フリーランスのitエンジニアは、請負契約である業務委託形態で仕事をしているという場合が多いものの、中にはソフトウェア会社の契約社員として仕事をしている、という場合もあるわけです。こうした場合には臨時雇用の従業員扱いとなるため、その報酬は正社員と同じように給与として支払われることになりますから、これは所得税法によって源泉徴収の対象とされることになります。

一方、請負契約を結んで業務委託という形態で仕事をしているエンジニアである場合には、この契約社員の場合とは異なって、あくまでも業者間での取引であって請負代金の支払いとなるので、源泉徴収は行われません。こうした請負方式による業務の外部委託というものが、企業がその業務の一部を外部業者に担わせるアウトソーシングの典型的なものとなっているわけです。この請負契約で仕事をしているフリーランスエンジニアの多くは、個人事業者として青色申告で税務申告を行っていて、納税をしているという場合がほとんどでしょう。

税務上で、このどちらの形態が有利であるのか一概には言えないのは、その報酬額や交通費などの支給の有無といったいろいろいな要素によって、雇用形態の方が有利である場合もあるからです。雇用形態であれば源泉徴収されて先払いの納税となり、業者間契約であれば確定申告によって後払いで納税する、といった違いとなるわけですが、その税率は微妙に違ってきます。

結局のところ、税務上でどちらが有利であるのかは、個々のケースごとに判断する他はないということになるわけなのです。働き方の形態によりエンジニアの源泉徴収方法が変わってくるため、どちらが自分によりマッチするかも実際の起業前に考えておくとよいでしょう。エンジニア向けの業務委託虎の巻などで情報を収集すると、実際にフリーランサーになった際に慌てずにすむと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です