業務委託の源泉徴収を一部取り戻す方法

フリーのWEBデザイナーやエンジニアは、業務委託契約を締結して仕事をすることが多くなっています。こうした働き方をしていると、クライアント企業から口座に報酬が振り込まれる際、あらかじめ源泉徴収がされた金額が振り込まれることがあります。

源泉徴収は、一律で減額されているので、実際に支払わなければならない税額よりも高い場合も出てきます。そうした場合に放置しておくと、単純に税金の払い過ぎになってしまいます。税金の払い過ぎがあれば、確定申告時に払い過ぎた分を取り戻すことができます。すべて源泉徴収がされている場合には、確定申告はしなくてもいいですが、すれば年収額を多少なりともアップさせることができる点には留意しておきましょう。フリーランサーは不安定な身分ですから、儲かっているときにはぜひとも確定申告をして、少しでも損を減らす工夫が必要になります。確定申告には時間が取られるので、プラスマイナスをよく考えて、得になると思えばやるスタイルが一番いいでしょう。

年収額は人によってまちまちで、いい時には一千万円を突破することもあるでしょう。しかし、いつ時代が変わってIT関係の仕事環境が冷え込むことになるかも分かりません。そんなときにも困らないよう、儲けが出ているときにはきちんとお金を受け取っておくことが肝心です。年収額が増えれば増えるほど、徴収される金額も大きくなります。一千万円以上稼いでいる場合には馬鹿にならない額になるはずなので、しっかり還付請求をすべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です