業務委託で源泉徴収がされた時の確定申告法

フリーランサーの多くが、業務委託契約で仕事をしているのが現状です。業務委託契約においては、源泉徴収がされた金額が口座に振り込まれることも多いことでしょう。その場合には、きちんと源泉徴収票を相手の会社からもらっておかなければなりません。なぜなら、それがないと確定申告のときに、払わなくてもいい税金を余分に支払わなければならなくなるからです。

源泉徴収というのは、つまりすでに税金を払ったという意味なので、その分はもう払わなくてもよくなるのです。そのための証明書が必要不可欠になるということです。この証明書は、相手の会社に頼めば簡単に作って送ってもらうことができるものです。ですから、きちんと受け取っておきましょう。その年の仕事の分はすべて用意しておかなければなりません。領収書と同じように大事な書類になるので、きちんと保管をして2月の確定申告時に提出ができるようにしておくべきです。

手続きがよくわからない場合には、税理士の先生を雇って適切に処理してもらうようにしましょう。確定申告は非常に面倒な作業であって時間もかかります。フリーランサーは自分の時間をそうした作業に割かれてしまうと、本業ができなくなってしまうので、本業で儲けが出せるのであれば、そうした仕事は税理士に任せておくのが一番です。間違いがありませんし、余計な気苦労もしなくてよくなります。税理士の先生は、単純に手続きをうまくしてくれるだけではなくて、節税のアドバイスもくれる点がありがたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です